バックナンバー

歯科で使用されるクラウン

歯科で使われるクラウンについて

  • トップ

歯科で使われるクラウンの種類

多くの人が歯科で虫歯治療を受けたことがあると思います。小さな虫歯の場合は、インレーと呼ばれる詰め物で治療を行いますが、大きな虫歯の場合は、クラウンという被せ物をして、虫歯にかかった歯を修復することが多いです。その虫歯治療に使われるクラウンにはいつくか種類があることをご存知でしょうか。一般的に歯科で扱うクラウンの種類は、素材によって、金属系、樹脂系、セラミック系の大きく三つに分けられます。歯科で扱う金属系の特徴としては、金の配合率が高く硬さに優れたゴールド、保険が適用されるシルバーなどがあります。また、白い色が特徴の樹脂系には、レジン樹脂にセラミックを配合したハイブリッド、保険適用で一般的な歯科でもよく使われる硬質レジンなどがあります。セラミック系には、ジルコニアの塊を削って作るため強度に優れたジルコニア、金属冠にセラミックを焼き付けるポーセレンメタル、審美性に優れたオールセラミックなどがあります。セラミック系のクラウンは本当の歯に近い自然な白い色が魅力のひとつですが、保険適用外になります。これらの種類の中から、料金、見た目にどの程度こだわるか、機能性、アレルギーなどを考慮し、どの素材のクラウンを使用するかを歯科医師と相談して決めることが大切です。

↑PAGE TOP